Rの考え方

Rの個人研究・考察を行う雑記帳。ブログ収益化を目指しています。

ブログ

神経回路研究メモ

投稿日:

トランスシナプス標識[編集]
神経伝達の経路を調べるためには途方もなく複雑で不明瞭な細胞の絡まりから関与する細胞を識別しなければならない。最も難しい課題である、指定した1つの細胞とシナプスで接続している細胞のみを正確に可視化するために狂犬病ウイルスを応用するトランスシナプス標識という手法がある。
狂犬病ウイルスは傷口から末梢神経に侵入すると、神経線維の軸索を遡り細胞体へ入って増殖して樹状突起へと移行しシナプスを渡って次の細胞(前シナプス細胞)の軸索に侵入、ということを繰り返し、最後に脳に達して様々な神経症状を引き起こす性質がある。
この神経細胞を遡って移行する性質の狂犬病ウイルスを応用して、無条件に増殖できない制限、感染した細胞に色を与える機能、自然界における哺乳類への無害化という遺伝子操作を加えた変異型の狂犬病ウイルスが作られた。このウィルスを神経細胞に導入し、調べようとする細胞にウィルス感染開始の条件を整える操作をする。ウィルスは増殖して病原性を発現しシナプスを渡って前シナプス細胞に侵入し、さら増殖しようとするがこの細胞内の環境では阻害され感染力も失っているので、さらに遡ってシナプスを超えることはない。代わりに組み込んでおいた蛍光タンパク質の遺伝子が発現して接続している神経細胞のみを可視化することができる。
この手法は神経回路研究における画期的な手法として今後の応用が期待されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%82%E7%8A%AC%E7%97%85%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

新職場で1ヶ月目な件について

れいです。 外資系製薬企業から分析コンサルティング会社に移って1ヶ月が経ちました。 社内で開発も行っているし、AIベンチャーとも言う・・・のか? Deep Learningとか当たり前に使われてるし、 …

no image

就職活動 選考通過率まとめ

とりあえずこれくらいでしたというののまとめでございます。 ES・書類通過率 20/30 = 66% 筆記試験通過率 8/8 = 100% 適性検査通過率 1/5 = 20% 一次面接通過率 5/18 …

no image

うまくいかないので環境を変えてみる

またもやブログカテゴリの更新。 大学院の遺伝子系実験がうまくいかないので、違う実験していました。 「理系の実験=頭を使う」イメージがありますが、意外と「やった分だけ結果が出る」体力勝負の部分が大きいで …

no image

カイコが可愛すぎて生きるのが辛い

ネタ記事で申し訳ありません。 研究対象のカイコがかわいすぎるので動画にしました。 /(^o^)\余りに個人的すぎてすみません。

no image

世界には気になることがいっぱいある

日銀は5日の金融政策決定会合で、景気は「緩やかに回復している」とし、2008年秋のリーマン・ショック後では最も強気な景気判断を示した。 雇用・賃金に波及期待 日銀、強気の景気判断 より うーん、でもシ …