Rの考え方

Rの個人研究・考察を行う雑記帳。ブログ収益化を目指しています。

ブログ

神経回路研究メモ

投稿日:

トランスシナプス標識[編集]
神経伝達の経路を調べるためには途方もなく複雑で不明瞭な細胞の絡まりから関与する細胞を識別しなければならない。最も難しい課題である、指定した1つの細胞とシナプスで接続している細胞のみを正確に可視化するために狂犬病ウイルスを応用するトランスシナプス標識という手法がある。
狂犬病ウイルスは傷口から末梢神経に侵入すると、神経線維の軸索を遡り細胞体へ入って増殖して樹状突起へと移行しシナプスを渡って次の細胞(前シナプス細胞)の軸索に侵入、ということを繰り返し、最後に脳に達して様々な神経症状を引き起こす性質がある。
この神経細胞を遡って移行する性質の狂犬病ウイルスを応用して、無条件に増殖できない制限、感染した細胞に色を与える機能、自然界における哺乳類への無害化という遺伝子操作を加えた変異型の狂犬病ウイルスが作られた。このウィルスを神経細胞に導入し、調べようとする細胞にウィルス感染開始の条件を整える操作をする。ウィルスは増殖して病原性を発現しシナプスを渡って前シナプス細胞に侵入し、さら増殖しようとするがこの細胞内の環境では阻害され感染力も失っているので、さらに遡ってシナプスを超えることはない。代わりに組み込んでおいた蛍光タンパク質の遺伝子が発現して接続している神経細胞のみを可視化することができる。
この手法は神経回路研究における画期的な手法として今後の応用が期待されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%82%E7%8A%AC%E7%97%85%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%82%B9

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

撮り始め

2014年の撮り始めは、平和の象徴「はと」を撮りました。 綺麗にとれてますがまだまだ機械に私の技術が追い付いていないですね。

no image

swiftでゲームプログラミング(開始前)

iPhoneアプリを開発するために必要な言語「Swift」 そういえばこれまで適当な書き方で無理やり実装していたなと思い、教科書的なものを買いました。 初心者の人は独学でやるより、教科書買ってやった方 …

no image

本を読む or 覚える

本を読む ↓ 全部覚える そんな能力はありません(笑) ただ、読む=覚える ではないことに注意して下さい あくまで読む、は大まかに内容を網羅するだけです うーんもっと早く覚える方法はないものか

no image

面白いプログラムを2つ紹介

今日Twitterで見かけて「いいな」と思ったプログラムが2つほどありました。 参考 Resumable.js – HTML5で実現したリジューム付きファイルアップローダー Twitter …

地方と都市部って比較されるけど、都市部の方が子どもにとって良いこと尽くめでは?

unsplash-logoVanessa Serpas 私は、子供ができたら東京や大阪などの都市部で育ててみたいと思いました。 なぜかというと、 「触れることができる情報量に大きな差がある」 からです …