Rの考え方

Rの個人研究・考察を行うブログ。最近は因果推論とアナリティクス(機械学習、統計はお休み中)、認知論にお熱。

ブログ

仮説は違和感から生まれる

投稿日:

仮説立案には違和感が必要です。

こんばんは~(^^
現在制作している野球ゲーム(Meisyo+)では、強い選手を集めたら勝てるというソシャゲあるあるなスキームを崩すために、物理演算を使用しています。
結果的に誰も最適な解が分からないことが、ゲームの奥深さを作るであろうということで、、作者の私も現行最強となる答えは分かりません。ユーザーにボロ負けします。orz

今のところ、作ったモノを検証しつつ、おかしなところを直しています。
その中で守備計算の見直しを行っていました。

今回の題材は打球が一定の速度で打ち出された(BV:ボールベクトルが固定の)ときに、どこ速度付近でアウトになりうるかです。
今回はポジションをセンターのみ対象にしています。

Xは固定して、Y(上に向かう速度)とZ(センター側に向かう速度)を正規分布させて、ヒット or アウトを測定してみました。

※重力加速度は9.81、空気抵抗を加味した演算を行っています。

X、Zのイメージは下記の通りです。単位はm/sです。

何か・・・おかしくないか?

なぜかというと、野球をやっている人には分かると思いますが、ポップフライやライナーは打球速度が変わります。
ポップフライはYが多く、滞空時間は比較的長めです。
ライナーはYが少なく、滞空時間は比較的少なめです。

図によると、それが存在しない・・・のかな?

図に付けた赤〇のところに、ポップフライっぽいものが出てきてもいいような気がします・・・。

何かがおかしいようですね。

今回、おかしいなと思ったのは数字から見るとポップフライが存在しないからです。
野球を知らない人にこの話をしてもなかなか通じないとは思います。
このように、なんとな~くで数字を見ていても違和感は(ほぼ)生まれません

仮説を立てられないな・・・という人は、その世界にまずは思いっきり没頭してみてください。
何も考えずに楽しんでみてください。

楽しいからこそ引っかかりがあるのです。「楽しかったのに、アレ?どうしてだろう?」と。
そこからが本番です。

まずは、データを見ずに楽しむことから、仮説立案は始まります。

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

非定型業務の業務指示の方法論

非定型業務を遂行させるのは難しいですよね? 「ルーチンなら時間をかければできるけど、非定型業務はちょっと・・・」と思っている方が多いと思います。 私もそうでした。 ただ、私の経験として、製薬企業での研 …

「クールジャパン」に疑問あり

クールジャパンって何? もう知っておられる方も多いと思います。 地方にある日本の「よいもの」を発掘し、日本文化としてセットで世界に売り込む。 最終目標は「日本に関心を持ち、日本のファンが増え、日本を訪 …

【特許実務ツール】Autodetectの紹介

データ分析(統計学、人工知能関連)業界に居る以上、知財および特許と業務は切っても切れない関係にあります。 今回は、特許実務を楽にするためのツールを作成しましたので紹介します。 技術の内容として下記を採 …

走り過ぎたら一旦休もう。転職たぶん6ヶ月目のまとめ。

お久しぶりです。Rです。 転職した19年4月からこれまで、主に統計や機械学習、マーケティングなどを学んでいました。 転職して一つうまく仕事が終わりそうなのでまとめておこうかと。 知識を広げる方法はどこ …

ビッグデータはメンデルの法則(表現型)を調べているだけ、理由(遺伝子)を調べる時代が来る

人が認識している人(個人としての人)とAIが認識している人(群としての人)には違いがあるのかもしれません。 個人は遺伝子を元にした多様な細胞が集まり形成されています。 群は(??)を元にした多様な人が …