Rの考え方

Rの個人研究・考察を行うブログ。最近は因果推論とアナリティクス(機械学習、統計はお休み中)、認知論にお熱。

ブログ

仮説は違和感から生まれる

投稿日:

仮説立案には違和感が必要です。

こんばんは~(^^
現在制作している野球ゲーム(Meisyo+)では、強い選手を集めたら勝てるというソシャゲあるあるなスキームを崩すために、物理演算を使用しています。
結果的に誰も最適な解が分からないことが、ゲームの奥深さを作るであろうということで、、作者の私も現行最強となる答えは分かりません。ユーザーにボロ負けします。orz

今のところ、作ったモノを検証しつつ、おかしなところを直しています。
その中で守備計算の見直しを行っていました。

今回の題材は打球が一定の速度で打ち出された(BV:ボールベクトルが固定の)ときに、どこ速度付近でアウトになりうるかです。
今回はポジションをセンターのみ対象にしています。

Xは固定して、Y(上に向かう速度)とZ(センター側に向かう速度)を正規分布させて、ヒット or アウトを測定してみました。

※重力加速度は9.81、空気抵抗を加味した演算を行っています。

X、Zのイメージは下記の通りです。単位はm/sです。

何か・・・おかしくないか?

なぜかというと、野球をやっている人には分かると思いますが、ポップフライやライナーは打球速度が変わります。
ポップフライはYが多く、滞空時間は比較的長めです。
ライナーはYが少なく、滞空時間は比較的少なめです。

図によると、それが存在しない・・・のかな?

図に付けた赤〇のところに、ポップフライっぽいものが出てきてもいいような気がします・・・。

何かがおかしいようですね。

今回、おかしいなと思ったのは数字から見るとポップフライが存在しないからです。
野球を知らない人にこの話をしてもなかなか通じないとは思います。
このように、なんとな~くで数字を見ていても違和感は(ほぼ)生まれません

仮説を立てられないな・・・という人は、その世界にまずは思いっきり没頭してみてください。
何も考えずに楽しんでみてください。

楽しいからこそ引っかかりがあるのです。「楽しかったのに、アレ?どうしてだろう?」と。
そこからが本番です。

まずは、データを見ずに楽しむことから、仮説立案は始まります。

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Surface pro 2の電源ケーブルを物理的に直す

電源ケーブル(上部)が内部で切れたので、物理的に直しました。 ・やりかた 1. 切れた部位を切除する はさみやニッパーなどで簡単に切れます。 バッサリ切り取ってください。これでコードが2分されます。 …

2018年 始まりと終わりを決めよう。

終わりを決めましょう! 皆様、お久しぶりです。 2018年1回目の記事です。 いきなり「終わり」という言葉が出た理由は、 最後の方でわかります。 では始めます。 1月といえばお正月ですね。 何かを始め …

AIを身近に。あなたと共に。

最近では、「AI(人工知能)で〇〇ができた」というニュースが数多く報道されるようになりました。 私が推察するに、あなたはAIに対して不安を持っていませんか? 何でもできるように報道されることが増えれば …

褒める方法(心理学者と経営者の比較)

心理学者の場合 若手社員を「褒めて育てる」のが逆効果になる3パターン Aさん「いつまで経っても従業員、特に若手たちのたくましさが感じられないんです。褒められると本当に自信になるんですか?」 回答: 褒 …

仕事の配分に対する頭の体操

部下がつくと、仕事の配分について考えることがあるだろう。 今回は仕事の配分についてちょっとした問題を出すので、よく考えてみて欲しい。 問題 ある人の仕事A,B,Cに対する処理速度(仕事数/h)をkA, …