Rの考え方

Rの個人研究・考察を行うブログ。最近は因果推論とアナリティクス(機械学習、統計はお休み中)、認知論にお熱。

ブログ

2013年 思ったことをつらつらと

投稿日:2013年12月29日 更新日:

・就職活動
 就職活動を通して、仕事にもっと興味が出てきました。
 合同企業説明会(合説)はあくまでも会社を見る場だと考えています。「そこに出ている=ある程度お金を出せる」と考えてもいいんじゃないかな。
 どのような業種が多いか把握する、関係ないと思う業種の人と話をする、ニッチ(希少種)を見つける・・・と面白いことはたくさんあります。もちろん、行きたい業種(農・医、IT)の方の話も良く聞くようにしています。

 まとめてみると、合説には以下のような傾向があることがわかりました。「農・医はほとんどない」「ITの募集はほとんど派遣で、学部学科経験問わず」「建設・製造系が多い」「経歴不問が多い」・・・など。

 熊本日日新聞で「建設と製造の雇用が大幅に増えている」と書いていたのも実際に見てみると・・・、百聞は一見に如かずですね。

 今、知識ならネット上でいくらでも手に入ります。「ネット上でいくらでも知識が手に入る」のも知識だなと思います。それすら知らなければ、自分で情報を入手する方法が限られていますし。
 「SPIとかどうなん?」ってことですね。「○○を答えよ」じゃなくて「○○についてあなたの考えを述べよ」が好きです。前者は機械で十分です。後者は人間じゃないとできないですから。「機械にできることは機械にやらせて、人間はもっと考えよう」と。だからこそ、その分野の基礎的な知識が要るんですけどね・・・。前提すら知らなければ「え、何それ?」で終わってしまいますし。

 あと、IT系の募集でまともなところは「ほとんど経験あり」を求めています。もともとエンジニアは数学と同じように向き不向きがあります。「1つ1つの式を分けて考えつつ、全てをまとめるとどのような動きになるか」が求められます。
 だから「経験不問」はどうなのかと。ただプログラムを書く、いわゆるコーダーにならないためにも・・・。コードを自分で書いて面白いと思ったら良いですが、何も考えずに就職するのだけはやめてください。完全に興味の持てない作業になるのでむっちゃ辛いですし、他の面白いと思ってやってるプログラマに失礼でしょう。(多分)
 プログラムは書いている私からすると「芸術」です。「もっと役に立つ、面白いものを作りたい」「美しいコードを書きたい」「考え方を磨きたい」と思ってます。今のITは「人月計算」で、そういったものを全く無碍にしてるように感じます。言われた物より良いものを作る気になるのかな、これは。
 だからこそ少しためらいがあります。「設計書通りに建てるなら誰でもええやん」と。C言語は今習得中ですので、まだまだ未熟者ですが!

・今週読んだ本
 ゼロ(堀江貴史氏)・・・間違いなく就活生「にも」役立ちます。面白かったので書評も書きます。「やらなければ今のまま」はざっくりと心にささりました。間違いなく「やらなければ今のまま」です。
 C言語の教科書(途中)・・・教科書と言うだけあって600ページあります。多いと感じるか少ないと感じるかは人の勝手ですが、私は「こんなに情報があるのか!」と面白がって読んでいます。これでパソコンで動作するプログラムが作れます!C言語は多くのプログラム言語の基礎です。何事も「基礎が大事」です。

・その他
 話は変わりますが、タイトルに「つらつらと」と書きました。今ではその意味が変わっているようです。
 元々は「長々と」という意味でした。今は”[副]念を入れて物事を考えたり、見たりするさま。よくよく。つくづく。「―考えてみるに」(goo辞典より)”という意味のようです。

・まとめ
 非常にとりとめのないものになってしまいました。
 「基礎が大事」「面白いと思うことをやろう」「やらなければ今のまま」が重要なキーワードだと思います。

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

若者”疲れ”の原因

人は誰でも、自分自身への誇りを、自分に課された仕事を果していくことで確実にしていく。だから、職を奪うということは、その人から、自尊心を育む可能性さえも奪うことになるのです ー日本人へ リーダー篇(塩野 …

環境要因から想定する科学の発展

仮説1:人は「考えている」のではなく、環境要因によって「考えさせられて」いる。 仮説2:「考える総量」と感情・感覚の量は正比例する。 仮説3:その分野(例:食欲、金銭欲等)が満たされている場合、感情・ …

非定型業務の業務指示の方法論

非定型業務を遂行させるのは難しいですよね? 「ルーチンなら時間をかければできるけど、非定型業務はちょっと・・・」と思っている方が多いと思います。 私もそうでした。 ただ、私の経験として、製薬企業での研 …

2013年 第50回阿蘇耐久遠歩大会の記憶

2013年11月1日(金)、熊本大学主催の第50回阿蘇耐久遠歩大会に行ってきました。 思い返してみるとかなり昔ですね…。(2020年現在) 熊本大学では、学生及び教職員を参加対象として、開学記念日の1 …

データ分析の品質をどう定義するか

はじめに 「データ分析って、それ自体にばらつきがあるよね。」という言葉 その通りです。 データ分析は個人の意図が入り込みやすく、担当者によって思考法や手法に再現性が取れないことがままあります。 それを …