Rの考え方

Rの個人研究・考察を行う雑記帳。ブログ収益化を目指しています。

ブログ

「続けてもらう」が一番難しい – 改善提案をするのは簡単だけれど

投稿日:

誰かに「続けてもらう」
それはとても難しいことだ。

必死に社内で調整して、キーパーソンに承認を得るためだけの膨大な書類作業をこなし、
改善内容を理解してもらって、改善を1つ始めるとしよう。

そこまででも一苦労だ。

ただ、仕事は一人でやることではなく、誰かに「仕事してもらう」「続けてもらう」ことが必要だ。

まず、仕事をしてもらうには、改善内容・理由を理解してもらう必要がある。
内容を理解しても、「なぜそれをやるのか?」がないと感情がついてこないからだ。

人間は理性的と言われるが、ほとんど感情が支配しているのではないだろうか。
少なくとも私は、その人の感情面を考えてから話を始める。

さらに、続けてもらうための具体的な手法としては、
・改善作業を続けているかチェックする
・作業内容を記録する習慣を作る
等が挙げられるだろう。

抽象化すると、「改善を記録するシステムを作り上げる必要がある」のではないだろうか。

加えて、作業者の意見を聞き続けて、内容を変えていく。
「自分たちが仕事を作り上げている」という意識を持てるようにする。

そうしなければ、よくある以下のような流れになるだろう。

~~~

得てして、トップダウンであるとマネージャーから「〇〇をやれ」で始まる。

現場としては、
「いきなり何なん?(何故それをするんですか?)」
「え、通常業務にプラスしてそれやるのは無理なんですけど…(現場を理解していないのでは?無理っすよ)」とはなかなか言えない。
とりあえず「わかりました!」と言っておく。

理由を聞いておらず腹落ちしていない分、その作業が何を改善したいのかわからない。
ゆえに、工夫のしどころがわからない。
理解していたとしても、会社に頑張るインセンティブはないことが多いだろう。
「その上司のために、会社のために働く?馬鹿らしい。」みたいな感じだ。
長い時間そこに居れば、給料が勝手に上がっていくという謎のシステムのおかげだ。

それを続けていても、いなくても、マネージャーは見ていない。
「それならやる意味なくね?」と思い、一人、また一人とやる人が減っていく。
まじめにやってた人も馬鹿らしくなってやめる。

そして、思い立ったころに「〇〇はやっていないのか?」と聞かれても誰も進めていない。
マネージャーは「何故この人たちは改善をしないのか?」と勝手に失望する
そしてどんどん、改善提案が出ずに硬直化していく。

~~~
あるあるですよね。こんな感じで。

有能なマネージャーであればあるほど、
「自分はできるのに、なぜこの人たちはしない(できない)のか?」とイライラを募らせていく。

一歩立ち止まって考えてほしいのは、
・情報格差があるのでは
・やる気は求めるものではない
・(個人)が悪いと考えてはならない
等、自分をベースに考えるから失敗するってことですね。

やる気がなくても(そんなに頑張らなくても)、
スキルがそんなになくても、
今いる人なら誰でもできるシステムを考えることがマネージャーの仕事です。

そこには、「自分だったらどうするか」より、
「誰でもできるようにはどうするか」→「どこにベースラインを置いて考えるか」→「ベースラインがここならこの程度の仕事(や考え、計算方法)は大丈夫だろう」という仮説・検証を行う必要があります。

そうしないと続けてもらう前にとん挫します。マジで。

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

豆腐の角から逃げるゲーム(Escape From the Tofu’s Corner)

「( ^o^)を操作して20秒生き残るゲーム」を作っていました。 Meisyo用に作ったのですが、意外と楽しかったので上げておきます。 Escape From the Tofu’s Cor …

no image

撮り始め

2014年の撮り始めは、平和の象徴「はと」を撮りました。 綺麗にとれてますがまだまだ機械に私の技術が追い付いていないですね。

no image

いつやるの?

今でしょ! 何やるの? 求められてることでしょ! 気を取り直して、 アクセス解析を見てる限り、どうやらミニ四駆の超大径について検索で来ている方が多数いらっしゃるようなので、今から更新したいと思います。 …

no image

ミニ四駆の記事についての予定

検索キーワードを見ている限りではフラット関連の以下の2点が多いようです。 ・井桁 ・超大径 とりあえずということで前の記事群はコンテンツとして置いときました。 しかし、不完全なので書き直しも含めて進め …

AIを身近に。あなたと共に。

最近では、「AI(人工知能)で〇〇ができた」というニュースが数多く報道されるようになりました。 私が推察するに、あなたはAIに対して不安を持っていませんか? 何でもできるように報道されることが増えれば …