ブログ

上を向かずに歩く

投稿日:

会社勤めを始めてから、気になることがある。
「なぜ、仕事ができない彼は手を抜くのか?」
そんなことではどこからも必要とされないのに。

会社でも、破産でもすれば最も被害をこうむるのは、外資でもどこでも行き先に不足しない人ではなく、会社がつぶれようものなら行き場のない人々であろう。ならば、会社の経営状態に誰よりも関心をもち、その向上を誰よりも願うのは、幹部社員ではなくて一般社員であるはずだ。国家も、それと同じなのである。
しかし、このような話をすると、返ってくる答えは決まっている。今の政治家には人材がいない、というのだ。だが、ほんとうにいないのだろうか。それとも、人材を見出し育てる意欲が、マスメディアにも有権者にもない、ということではないだろうか。
ー日本人へ リーダー篇(塩野七生)

諦めか、そもそも自分には関係ないと考えているのだろうか。
同僚や部下が出世し、自分はヒラのまま。
彼らには特異なスキルも、発言権もなく日々を過ごす。

もちろん、それを望んでいる人もいるので一概には言えないが、つまらなくはないだろうか?
10円安い昼ご飯を選び、文句を言いながら自分は何もしない。

10円を気にして毎日を生きるより、他に何かできることはなかったのだろうか?

「上司は分からず屋だ」と言う前に、コミュニケーションを図ったのだろうか。自分の思うことを、素直に表現したのだろうか。やり取りの中で、彼ら上司を変化させることはできないだろうか?

「あいつは話を聞かない」そもそも人に自分の話を押し付けていないか?そもそも、あなたはその人に助言できるモノを持っているのか?歳を重ねている、というだけでは価値がない。

それでもダメなら、新しい人を探そう。適任な人はどこにでもいる。人の不得意なところばかりを探していないだろうか。

人間は見たいものしか見ない。

同じ人間だ。
直接の問題を直訴し、解決のために行動してみよう。言わなければわからない。あなたの、彼らの見えていない世界はどこにでもある。

すぐに諦めるのは簡単だ。
あいつが悪いと言い訳しながら生きるのには、責任も何も要らない。それであなたが満足できるならそれも良い結果だ。



-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

身体髪膚これを父母に受くあえて毀傷せざるは孝の始めなり

身体髪膚これを父母に受くあえて毀傷せざるは孝の始めなり 意味:《「孝経」から》人の身体はすべて父母から恵まれたものであるから、傷つけないようにするのが孝行の始めである。 どう考えるかも自分次第ですね。

no image

そうかそうか

すごくわかりにくい文章を紹介します。 気になった文 ビッグデータ時代の到来とともに、複数のシステムを経由して情報の価値を創造し ビジネスにおける迅速な意思決定を可能にするための適切な情報の最適化と配信 …

no image

本を読む or 覚える

本を読む ↓ 全部覚える そんな能力はありません(笑) ただ、読む=覚える ではないことに注意して下さい あくまで読む、は大まかに内容を網羅するだけです うーんもっと早く覚える方法はないものか

no image

箱根駅伝の裏方を撮影

第90回箱根駅伝は東洋大学が圧倒的な力を見せつけて優勝しました。 私もはじめて見に行ったので写真を撮りました。 素晴らしいデッドヒート! これ以外ランナーがまともに撮れていません\(^o^)/ ぶれて …

no image

移動(奈良→栃木)

お盆休み終わりです。 奈良→京都→東京→栃木 上記をだいたい5時間くらいかけて戻りました。 お盆の中日だったので京都駅、東京駅共に人は少なめでした。 何事も始めなければやる気は出ません! いろいろめん …