Rの考え方

Rの個人研究・考察を行うブログ。最近は因果推論とアナリティクス(機械学習、統計はお休み中)、認知論にお熱。

ブログ

「クールジャパン」に疑問あり

投稿日:2013年11月25日 更新日:

Cool Japan Tokyo-Conference Artwork - English

クールジャパンって何?

もう知っておられる方も多いと思います。
地方にある日本の「よいもの」を発掘し、日本文化としてセットで世界に売り込む。

最終目標は「日本に関心を持ち、日本のファンが増え、日本を訪れる観光客が増え、文化を楽しむ人が増えること」(太田伸之社長)と、今後の波及効果を目論んでいる。

官民一体で”日本という商品”を世界に売り込もうとしているわけです

クールジャパンへの疑問

  • 市場が見えない
  • 本格的にスタートする25日時点でのファンドの規模は375億円。民間からは15社・75億円が集まっている。経済産業省によると、15年3月末までに900億円、最終的には1000億円規模にしたい考え。存続期間は20年程度を想定。当初は1件当たり100億円以下の規模の投資で、年間7―9%のリターンを想定している。現在、100件程度の投資申請が来ているという。

    「お金は集まりました。」
    「売る目標もあいまいですが決まりました。」
    「売る市場がよくわかっていません。」
    というのを官主導のもので何度も見てきました。

    大事なのは「売る市場があること」です。
    その市場が見えていないのにも関わらず突き進むのは危険ではないでしょうか?

  • 自分の良さは見えない
  • “自分たちにとって良いものは相手にとっても良いものだろう”
    この考えで何度失敗しましたか?

    “彼ら(外国人)にとって良いものは、彼らにしか分からない”
    この考え方がよっぽど現実的ではないでしょうか?

    日本人が当たり前のように使っている「温水トイレ」や「水道水」などは、彼らにとって非日常ですし、すごく喜ばれます。(留学生に好評です)
    当たり前だと良さは見えないのです。

  • 彼らにとって良いものなら、もう買っている
  • マンガやアニメ、ゲームなど「サブカルチャー」と呼ばれ、一文化と認められてるようになってきました。
    一昔前までは冷ややかな目で見ていたのにも関わらず、です。
    (お金が集まるようになってきたからという見方もできますが)

    「一般市民にまで認められる」ということはかなり時間のかかることです。
    今から売り込まなくても海外の人はもう買っているのではないでしょうか?

  • 恥の精神が無い
  • 日本には恥の文化も存在します。

    海外から「Cool」と呼ばれるのは良いと思います。
    自分で「Cool」はおかしいと思いませんか?

他の案

  • 何もしない
  • 何もしないのも1つの手です。
    文化は官僚が作るものではありませんし、売り込みは最初期ならともかく今する必要性がありません。そして2020年東京オリンピックはどこに行った。

    お金の影が見えると顰蹙の目で見られる可能性もあります。
    「fool Japan」ですよ、それこそ。

  • ネットワークを使う
  • インターネットでやり取りを促します。
    “海外のECサイトを個人で利用するように促せば良いのでは”と思います。
    お金もかかりませんし、かけるところを間違っているのではないでしょうか。

    海外のECサイトの例を挙げると、手作りの品を売るEstyなどがあります。

まとめ

実のところ「Cool Japan」の計画を全くわかっていません。
調べても概要しか出てきません・・・。

「売り込まなくても売れているからいいか」と思っていたら「気づいたら売れなくなった」という失敗を、日系企業が数多くしてきました。
そのためこういったプロジェクトが生まれてくるのでしょうか。

日本は間違いなく素晴らしい国です。
私も日本文化が世界で認められてほしいと思っています。
ただし、弱いところも認めるべきでしょう。

あと、この会社の詳細な経営計画等のデータがWeb上では検索に出てこないのが気がかりです。
知ってる方がいらっしゃっいましたら教えていただけるとありがたいです。

参考

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Surface pro 2の電源ケーブルを物理的に直す

電源ケーブル(上部)が内部で切れたので、物理的に直しました。 ・やりかた 1. 切れた部位を切除する はさみやニッパーなどで簡単に切れます。 バッサリ切り取ってください。これでコードが2分されます。 …

データ分析企業で学んだプロジェクトマネージャーの方法論(1)

昨今注目されているデータ分析。 機械学習、統計学で自動化、人を超える・・・等、メディアではキラキラしてるところばかり切り取られて、なんだかなあと思っているれいです。 データ分析企業では今日も何もなくプ …

ハリボテは誰でも描ける。そうなっていないか自省しよう。

コンサルティング業界でよく言われる、ハリボテな人・モノ・文。 今回気になった文として、下記を紹介します。 それっぽい話にはできているんですが、具体的に何をするのか理解できる人がいるのでしょうか? 少な …

2018年 始まりと終わりを決めよう。

終わりを決めましょう! 皆様、お久しぶりです。 2018年1回目の記事です。 いきなり「終わり」という言葉が出た理由は、 最後の方でわかります。 では始めます。 1月といえばお正月ですね。 何かを始め …

効果検証はだいたい間違っている

データ分析を仕事にして1年半、世の分析という言葉に違和感を覚えてきた。 その一つが効果検証である。 ひとつ言っておく、効果検証は簡単ではない。 なんとなく正しそうな効果検証はだいたい間違っている。 詳 …