Rの考え方

Rの個人研究・考察を行うブログ。最近は因果推論とアナリティクス(機械学習、統計はお休み中)、認知論にお熱。

ブログ

大学生になる君たちに伝えたいこと

投稿日:2014年1月29日 更新日:

この記事を読んでくれているあなた。
ありがとう!

私の失敗を若い人たちに繰り返して欲しくないから、この記事を書きました。
もし大学生になる・なりそうな人を知っているなら、なんとなくでいいので伝えてください。

私は一応国立の熊本大学大学院の一学生です。
私は大学で1年留年しました。

留年の原因は「勝手な思いこみ」でした。

私は「大学は高度な学問・研究を行うところ」と勝手に思い込んで、「やりたい!」と思った研究室の所属する学部に入学しました。
でも、実のところ理系の1~3年はそこまで専門的なことはやりません。
はっきり言ってかなり自由です。
その時間の経過と自由さに飲まれ、結果として留年しました。

あなたに言いたいことは、漠然とした理由で大学を選ばないでほしい。
「やりたいことがあるから」「レベルの高い大学だから」などだ。
入学した後のことについても考えてほしい。

「やりたいことがあるから」なあなた。
もし合格しても、あと3年は研究室に配属されないことを覚えておいてほしい。
その間に教授が移動してしまい、やりたいことがなくなる場合もある。

「レベルの高い大学だから」なあなた。
大学に多くを求めると結果としてなかなかうまくいかない。
大学は結局、学生自身が行動することを求めている。

だからこそ、もう1度だけ考えてほしい。
それも1人ではなく、自分と考えの異なった人を交えて。

「適当に生きたい」、それもいいと思う。
適当に生きるためにも、もう1度だけ自分の道を見直してほしい。

進学は間違いなく人生の岐路になる。
どういった人に出会いたいのか、どうなりたいのか、その1つの手段として大学をとらえ直してほしい。

と・・・そこまで考えていなかった私が言うのも可笑しいですね。
1回失敗したので、やっぱり他の人には失敗して欲しくないと思っています。
以前は留年したことを悔やんでいました。
でも、何でも自発的に取り組むといろいろと楽しくなってきました。(このブログも副産物の一種ですね!)
紆余曲折があると思いますが、失敗したらしたで諦めないでほしいと思います。

予定通り上手くいかなくても、面白いものですよ?意外と。

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

「続けてもらう」が一番難しい – 改善提案をするのは簡単だけれど

誰かに「続けてもらう」 それはとても難しいことだ。 必死に社内で調整して、キーパーソンに承認を得るためだけの膨大な書類作業をこなし、 改善内容を理解してもらって、改善を1つ始めるとしよう。 そこまでで …

健康には運動が必要(当たり前)

転職活動を開始してから何日が過ぎたでしょうか。Rです。 29歳を迎え、頭を使わない作業が根底にある職種(?)に嫌気が差しました。 注釈:日本企業独特のメンバーシップ制なので職種が曖昧&年功序列(下に押 …

no image

指示待ち人間の作り方

「指示待ち人間ばかりで困る」と思いませんか? さて、それをどう解決するのか。 まずは、考えを変えてみましょう。 「自分の頭で考える人間を作る」というと難しそうに聞こえます。実際難しいと思います。 「指 …

no image

2015年 栃木県豪雨

栃木県(北関東)豪雨がありました。 今年から栃木県鹿沼市に住んでおり、その被害を多く受けた地域でした。 何の言葉よりも、写真が一番よく分ると思うのでどうぞ。 (鹿沼市を流れる黒川で撮ってきました) 川 …

若者”疲れ”の原因

人は誰でも、自分自身への誇りを、自分に課された仕事を果していくことで確実にしていく。だから、職を奪うということは、その人から、自尊心を育む可能性さえも奪うことになるのです ー日本人へ リーダー篇(塩野 …