Rの考え方

Rの個人研究・考察を行うブログ。最近は因果推論にお熱。

ブログ

若者”疲れ”の原因

投稿日:

人は誰でも、自分自身への誇りを、自分に課された仕事を果していくことで確実にしていく。だから、職を奪うということは、その人から、自尊心を育む可能性さえも奪うことになるのです
ー日本人へ リーダー篇(塩野七生)自尊心と職業の関係 より

若者たちは皆、何かを成し遂げたいのである。

ただ、それは高度経済成長期の画一的なもの、例えば仕事ではなく、個人に立脚したものに満足感を感じる。仕事でないものに彼らは誇りを見出し、日々生きている。それを否定しては彼らの生き方を否定することになる。

しかし現代は、若者の文化を、人間の尊厳を無視した過重で無意味な労働が実際に行われている。彼らは彼らの正しいことをしたい。ただ、できないのである。

それでいて昔のように共同体に所属することで得られるものもなく、さらには時間を、彼らの誇りを得る時間を奪い続けている。それがインターネットにより公になることで、今いる場所や今後進む進路、社会全体に対する不安が広まっているのではないだろうか。

日本企業は社員の献身、やる気、動機付け、熱意といったものを当然と考えている。そのため、これらの態度を積極的に推進するための方法を自ら開拓することがない。
-日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか? より

このように断じられるほど、企業側から当たり前のように押し付けられる”常識”に若者は押しつぶされている。
彼らの”常識”と企業の”常識”は驚くほど離れている。それを偏見と気付かずに、平気で押し付けるのだ。

常識とは、18歳までに身に付けた偏見のコレクションである。(A.アインシュタイン)

日本人は、何か一つの事柄に対し腰を据えて行うということが非常に得意である。例えば、高度なインフラ整備や、未だに世界のトップにある車の製造である。どこまで極められるのか、自分の力はどこまであるのか知りたいのだ。ただ、その特徴も社会への不安や反抗心があれば、腰を据えて仕事するどころか「敵はどこか」と探しながら、仲間との狭い”一つの関わり”の中に埋没していくだろう。

現在は情報過多時代だ。他者の微分した思いに触れる量が多い。
今まで知り得なかった整理されていない思いに。
そこで一喜一憂していくと、他者の存在を過度に意識するようになるのは明白だ。

不安だからこそ仲間内で固まる。人は誰しもその集団の雰囲気に飲まれていく。
それを断ち切るには別の環境に行く必要があるが、心地いいだけに難しい。
しかも、人は変化を求めていない事が多い。別の環境に行く手間より、今の環境を守ることに腐心しがちだ。
そうして疲れてしまうのだ。自らと彼らの違いに。

個人に立脚した希望に満足を得つつ、過度に他人を意識していく。
個人主義でありながら、全体主義も包括した様々な新しいメディアはそれを助長する。

もし、”疲れている”と感じるのであればその世界から一度離れてみてはいかがだろうか?
そして、自分に課された仕事は何か、それを探してみよう。

探し方?まずは新しいメディアの電源を切り、外に出て街を歩いてみよう。
何があなたの興味を引くだろうか?
何があなたにとって嫌だろうか?
何があなたにとって達成したいことだろうか?

今からでも遅くない。いつでも、今が一番若い。

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仕事での雑用の割り振りに関する問題

仕事での雑用ってすごく面倒ですよね。 どうにかして雑用を(仕事も!)楽に終わらせたい!! 私もいつも考えています。 今回は雑用の割り振りに関する問題を解いてみましょう。 問題1(仕事をさせてみよう) …

ガンマ関数Γ(n)と階乗(n-1)!の一致を示す

自分の備忘録として、ガンマ関数がなぜ階乗と同値になるのか確認したことを記録する。 ガンマ関数は下記の式で表される。     ただし、自然数nであれば下記のように一般化される。いわゆ …

「続けてもらう」が一番難しい – 改善提案をするのは簡単だけれど

誰かに「続けてもらう」 それはとても難しいことだ。 必死に社内で調整して、キーパーソンに承認を得るためだけの膨大な書類作業をこなし、 改善内容を理解してもらって、改善を1つ始めるとしよう。 そこまでで …

お金について考える(ゲームでの仮想通貨発行編)

お金について考える 凄く漠然とした内容です。 まずは対象を絞ってみましょう。 例えば、身近な例で言うと・・・ 1か月の生活費がいくら、 今日の食費がいくら、 給料がいくら・・・これは会社勤めや事業主の …

29歳は何のために生きるのか

私は恵まれて育ってきた。 間違いなく恵まれた両親から、祖父母から、環境から守られて生きてきた。 お金の心配もなく、食べ物の心配もなく、そんなに贅沢な暮らしではなかったけど、安心して生きてこれた。 確か …