Rの考え方

Rの個人研究・考察を行うブログ。最近は因果推論にお熱。

ブログ

指示待ち人間の作り方

投稿日:

uros-jovicic-322314-min
「指示待ち人間ばかりで困る」と思いませんか?

さて、それをどう解決するのか。

まずは、考えを変えてみましょう。
「自分の頭で考える人間を作る」というと難しそうに聞こえます。実際難しいと思います。

「指示待ち人間を作る」・・・意外と簡単そうに聞こえませんか?その要因を実行しなければいいのです。

「指示待ち人間を作る」には、
1・仕事の目的・方針を伝えない
2・失敗したときに怒る
3・細かく指示する

効果としては、
1・最終的に何を、何のために達成すべきかわからない
2・「今度から細かく聞かないと」と思わせる
3・「今度から細かく聞かないと」と思わせる

指示を守って動いたら、
「違う」「お前はわかっていない」「なんでこんなことも知らないんだ」
と言われたとしましょう。

「ふざけんな」となる人もいれば、
「あーそうですか…」となる人も思います。

結果的に、
「今度からそう言われないためには?」と考え、
人の防衛本能から
「次からは細かく聞こう」となることは明白です。

管理職となる相対的に優秀な人(やちょっとおかしい人)は、
「それくらいわかる」で今まで成功経験を積み重ねてきたので、
“普通の人”の行動がわからないのですよね…。

「一般的に考える」のは、
自分のバイアス(集めた偏見)を外す必要があるので難しいですね。

今回はいいブログ記事があったのでコレから触発されて書きました。

自分の頭で考えるスタッフになってもらうには、

・リーダーの考えを折に触れて伝える。
・後はスタッフに自分で考えて行動してもらう。
・意図と違う結果になっても「あいまいだもん、しょーがない」とし、改めてリーダーの考えを伝え、次回から軌道修正してもらう。

を繰り返すこと。
Life is beautiful:「指示待ち人間」はなぜ生まれるのか?より

理由としては、

「指示」にはどうしてもあいまいさが残り、部下が自分で判断して行動せざるを得ないもの。そしてその結果を、ビシビシ「違う!」と怒ってしまうか、「そもそも指示があいまいですもん、ちゃんとできる方がビックリ。やってくれただけでありがたい」と感謝するか。そこが大きな分かれ道になる。指示があいまいなのに自分の考えと違うと言って怒るのか、指示のあいまいさを自分で考えて補おうとしてくれたことに感謝を述べるのか。それによって、スタッフの心理は大きく違ってくるらしい。前者だと怯えて全てに指示を出してもらおうとする。後者は次も自分で考えて補おうとしてくれるようになる。

至言ですね。

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

イルカウォッチング in 天草市(動画あり)

家族が熊本に来たので、天草へイルカウォッチングに行きました。 場所 熊本県天草市二江漁港 イルカマリンワールド(GoogleMap) (左:漁港の看板、右:漁港の建物) イルカ動画 No.1 No.2 …

no image

Surface Pro 2の電源ケーブルがない場合

以前Surface Pro 2(256)を購入しました。 ゲームPCとして一応使えますし、ノートとしても非常に有能です。 ですが、問題が露見しました。(汗 電源ケーブルの形が特殊で購入できるものがない …

バイオ系地方国立大院卒のその後6年の軌跡と考察

バイオ系院卒の辛い就活の後、なぜ辛かったのか、何をすれば楽だったのか、その後をよく考えてみた。 今、僕は31歳。 25歳(留年1)で地方で就職(外資系製薬企業研究員)し、4年務めた。 東京へ転職(日系 …

チーズはどこへ消えた?飽きは最大の武器だよ。

飽き性で困ったな・・・というあなた。 想像してみてください。 誰もがずっと同じレストランの料理で満足している世界を! 飽きもせず、毎日毎日同じ場所に行ってご飯を食べます。 違和感を感じませんか? つま …

豆腐の角から逃げるゲーム(Escape From the Tofu’s Corner)

「( ^o^)を操作して20秒生き残るゲーム」を作っていました。 Meisyo用に作ったのですが、意外と楽しかったので上げておきます。 Escape From the Tofu’s Cor …

筆者情報

ご連絡はこちらまで
Twitter(R@おいす)→Game
m.saito→Programming

My Games:
名将と呼ばれた者達(Meisyo)

MyBlogs:
RのWeb制作
ゲーム開発や統計・機械学習等IT系
Rのミニ四駆
Rの科学情報収集

気に入ったらクリックしてね!